ホワイトヴェール 飲む日焼け止めサプリ単品買い

ホワイトヴェールという飲む日焼け止めサプリメントを単品で買って飲んでいます。日焼け止めにサプリ?と驚く方も多いのではないでしょうか。私も先日まで日焼け止め対策にサプリメントが効くなんて思ってもいませんでした。それでも、飲む日焼け止めサプリは、昨年あたりから美容に敏感なモデルさんや海外のハリウッドスターなんかが飲んでいるそうで、インスタなんかでも紹介されているようです。

飲む日焼け止めサプリを知ったのは、雑誌クレアの美容特集でした。最初は半信半疑でしたが、よく読むと日焼け止めクリームや日焼け止め乳液では、ほんとうの意味の日焼け止めにならないようです。

どういうことかというと、日焼け止めクリームを日焼けしないように塗るには、相当な量を塗らなければならず、たとえばよくある日焼け止めの資生堂アネッサだとしたらあれだけの量を10日間で使い切る量だそうです。

しかも数時間でお化粧を落として塗り直す必要まであるというのです。ちょっと普通でない感覚です。なので、日焼け止めクリームで完全な日焼け止め対策をしている人はいないということになるようです。かなりショックな話でした。

そこで注目されたのが、飲む日焼け止めサプリメントというわけです。現在日本で販売されている日焼け止めサプリメントは、すでに数種類あるようです。その中でクレアでおすすめしていたホワイトヴェールは、かなり優秀な日焼け止めサプリメントです。

日本で製造されているサプリで、日焼け止めに必要な成分であるニュートラニキサンの含有量がダントツ多いのがホワイトヴェールで、これは日焼け止めサプリを選ぶにあたり重要な点だなと思います。この成分の含有量を他の日焼け止めサプリで比べると、量が少なかったり、中にはこの成分が含まれていないものもありました。

ホワイトヴェールを選んだ別な理由は、最近リニュアルして美容成分も多く含まれるようになり、今まで美容のために飲んでいたビタミン剤を辞めてホワイトヴェールだけにまとめられた点です。おこずかい的にも助かります。

ホワイトヴェールは単品で買えるのか?という点ですが、実際は定期コースで購入して初回980円で利用します。ホワイトヴェールの定期コースには、たとえば3回継続などという決まりがないので、もし体に合わないなと思ったり、別な理由で定期コースを継続しない場合は、2回目の発送前に電話すると定期コースを辞めることができます。これがホワイトヴェールが単品で買えるということに実質的になるようです。

ホワイトヴェールの単品購入方法を実践してる方のレビューブログが参考になりました。

こちらです⇒ホワイトヴェール 単品

化粧品 コスメ マニア

化粧品をあれこれ試すのが大好きなコスメマニア女子がいます。若い子もいるし、マダムでもいるものです。私はそんなに化粧品の成分が気になったり、今流行の化粧成分がどうのといったコスメフリークではありません。ただ、コスメマニアではないのですが、適当に考えずに基礎化粧をすませるのは嫌だなと思います。

今は化粧品好き女子のために、コスメに特化した雑誌も数冊あります。それらコスメ雑誌の中には、使われたあらゆる化粧品番号が書かれてあるので、雑誌できになったらスマホでメモ代わりに写真を写し、実際に店舗へ行って色を確かめたり試してみたりできます。コスメ情報は一昔前とは比べものにならないほど巷にあふれているわけです。

お化粧を上手になりたいと本気で考えたとき、雑誌でもかなり細かくテクニックが紹介されています。実際に化粧品のカウンターへ行って美容部員さんに教えてもらうのも手ですが、その美容部員さんの腕の良し悪しにもよるものの、自己流以上の情報やテクニックを教えてもらえる可能性も大きいです。

若い子もお化粧が上手な昨今、きれいな女子が増える一方で、アレルギーやアトピーやニキビでお肌の調子を崩す若い子も多いですよね。会社に入社したてはきれいだった肌が、ストレスでか最近は肌が調子悪く吹き出物がたくさん出る子も多いです。

アレルギーやアトピー、敏感肌の化粧品は、通販が圧倒的に種類が多くてよさそうなコスメシリーズがありますよね。通販美容は、ドラッグストアであまり売っていないような珍しいものも多いので便利です。自宅や好きなところでゆっくり選べるのも実店舗になり魅力です。

通販限定のトライアルシリーズもかなりべんりです。1週間ぐらい使えるコスメセットなので、旅行やスポーツクラブの時にも便利でつかっています。最近きになるのは麹など日本古来の素材で作るコスメブランドです。

知人に昔コスメマニアがいました。お化粧品が好きで裕福な家のお嬢様だったので好きなだけデパートでお化粧品を買っては試していました。本人のお化粧はバリバリで、若干みんなが近寄りがたい雰囲気をもっていました。それなのに旅行のお土産に現地のコスメを買って渡したことがあり、失敗した経験があります。

コスメフリークにコスメをお土産にするのって、ワイン好きな人にワインをあまり飲まない人がワインを選んでプレゼントするのと少し似ているように思います。

通には通好みがあるので、もらってもうれしくない場合がありますね。とくに低予算の場合は。コスメフリークにコスメをお土産にしても、いっさい感想を言われなかったので気に入らなかったのだと思います。

本当に効果のある日焼け止め対策

私の信頼している皮膚科医、吉木信子先生がNHKのテレビ番組で言いました。日焼け止めクリームの量がみなさんが使っている量では圧倒的に足りません。そうなの??と思いました。日焼け止めクリームって、そんなにたくさん塗らなければならないのでしょうか?それを聞いて以来、それまでの量よりもたくさん、ふんだんに使うように気を付けています。

吉木先生いわく、日焼け止めクリームだけよりもパウダー(お粉やファンデーション)を日焼け止めクリームの上から押さえた方が絶対によいというので、それもパウダーファンデーションでおさえるようにしています。これを知ったのも、結構最近のことなので、長年休日は日焼け止めクリームを塗るだけだったので効果がなかったかなと反省しています。日焼け止めクリームのお粉やファンデーションで押さえて、日光が反射するようです。

休みの日は、最近は日焼け止め乳液プラスパウダリーファンデーションでおさえるようにしています。仕事へ行くときはリキッドファンデーションにお粉でおさえて化粧をしていますので、化粧品を買ったときなのにサンプルでもらったパウダリーファンデーションがたくさんあり、まずはそれらを休日の日焼け止めのおさえに使用しているのです。

パウダリーファンデーションでお化粧している人を見ると、なんだか化粧が厚いなという印象で、パウダリーファンデーションは敬遠していたのですが、休日に使ってみると、そう悪くもないですね。お手軽です。日焼け止め乳液だけのときは、もろすっぴんの休日でしたが、パウダーファンデで押さえるようになって、眉も書き、チークも入れると、口紅をしなくともなんとかそれなりの顔になるので、宅急便を受け取るときや、庭先で近所の人にあいさつするときも以前よりましになったので、よかったと思うようになりました。

年齢を重ねると、すっぴんもこわいです。でも休日まで、出勤日と同じく化粧をしたくないのです。出勤のときは、アイラインにマスカラ、アイシャドーと目力を多少なりとも考慮するのでまた時間がかかるのです。

年齢を重ねてから、ガーデニングに目覚めて日に当たることが増えました。それでもまあ健康的でよいかとは思いますが、しみは気になります。顔にシミがあるととにかく老けてみえますからね。あと手もシミができると嫌です。指輪なんかも似合わなくなっても困ります。でも手はガーデニング時は大概手袋をしていますから大丈夫ですが、通勤時の徒歩時間は手袋をしています。黒い手袋です。

シミ対策に日焼け止めの上からしっかり粉をつけることが大事です^^。

敏感肌になりました

ここ数年で、敏感肌になりました。若い時からクラランスやSK2などたまに合わない化粧品があったのですが、それでも肌はかなり強い方だと思います。

それでも年齢のせいだと思うのですが、敏感肌になりました。オーガニックの化粧品ならよいかと思っても、あれって敏感肌には合わないことが多いらしいですね。普通のケミカルな化粧品よりも。一度旅先で、オーガニック化粧品を現地で買い、基礎化粧品ですが。現地で現地産のオーガニックの化粧品を買って使うことを夢見てたので、自分の肌に合わないかもとさえ思わずに化粧水、乳液、クリーム、シャンプーにコンディショナーと結構散財したわけです。

旅行中はそれなりに朝は忙しいし、鏡にもかぎりがあるので基礎化粧品は鏡をみずにぱっぱとつけて、化粧下地を塗る辺りから鏡の前にいたのでした。それがふとすっぴんで鏡の前に立つと、旅行中の私の顔がけっこう荒れて赤くなっているではありませんか。確かに基礎化粧品を塗っている時に少しピリッとしていたのです。ピリッとするイコール合わなくて、肌がSOSを出していたようです。無視して使い続けていたものの、気が付いてこれはまずいと思い、しかたないのでまた別な化粧品を買いました。今まで使っていたクリニークだったかな。

それ以来、オーガニック化粧品にかぎらず、化粧品はそれなりに高額なので必ずサンプルで試す、サンプルがないようなら、たとえ手で試して問題がなくても使わないようにしました。

さらに、今まで考えたことがなかった敏感肌用化粧品にも注目するようになりました。ドラッグストアにもおいていると思いますが、通販でネット購入が面倒がなくて自分では便利です。

スターターセットのような、1週間から10日くらい使えるものが、1000円くらいで購入できることが多いのですよね。通販コスメならほぼ100%このようなセットがありますよね。

今まで勝手に通販よりも、デパートコスメの方がよいものであると盲目的に思っていたのですが、そんなことはないですよね。

コラージュBK,ノブ、アヤナス、など優秀なコスメがお試しセットでためすことができるので魅力的です。敏感な部分は、顔だけでなく、首にも顔と同じものを塗っているのですが、けっこうひりひりしたりします。特に夏場が汗と化粧品とでひりひりまたは、かゆくなったりします。我慢できなくてかくと、かならず赤く腫れたり、まるで殴られたように跡がのこるので、極限までかくのはさけなければなりません、私の場合。でも、これが敏感肌なのですね。

通販美容できれいになりたい

通販でだけ購入できる化粧品に興味があります。以前はデパートでだけ購入できる化粧品にしか興味がなかったのですが、食わず嫌いみたいな感じで、実は通販で買うことのできる化粧品にも優秀なコスメが多いと聞いたからです。

考えてみると、デパートで売られている化粧品ブランドは、広告料の他にデパートの店舗の賃貸料だとか、美容日部員の給料だとか必要経費が通販コスメよりだいぶかかりますよね。

以前デパートで買っていた化粧品は、アル0オンです。乳液から先に使って、化粧水を次に使うという特徴があり、気に入って何年使っていたでしょうか。10年くらい使い続けていたと思います。アル0オンにも数種類ブランドがあるのですが、乳液で12000円くらいのものを使っていました。だいたい一か月半くらいもちました。

乳液が高額な分、化粧水はプチぷら化粧水をドラッグストアで購入し、さらにクリームでふたをするという美容法でした。その他に、日焼け用ブロックの美容液を使っていました。

先行使いの乳液を使っていても、季節によって肌がすることがありました。美容部員さんに話すと、さらにオイルをすすめられて試供品をいただいたのですが、そのオイルがまた1万円くらいで、私の予算オーバーで使えませんでした。

10年以上使ったデパートコスメブランドを辞めた理由は、その乳液はコットンで肌になじませるのですが、コットンで肌を傷つけているのではないかと、10年以上使ってから思うようになったのです。

デパートのコスメブランドのカウンターでは、とても丁寧にゆっくり時間をかけて肌に乳液を伸ばすのですが、自分で化粧する際は、朝も夜もなんだかんだと時間がないので、美容部員さんがするように丁寧には乳液をのばすことができません。となると、コットンで肌を痛めている可能性はあるなと思います。アル0オンのコットンも、専用コットンを購入していました。10年使っている間に途中で価格の高めのコットンも登場し、そちらを使うようにしていましたが、それでも摩擦があったと思います。

さらには、テレビで皮膚科医の吉木先生が出演されていたときのこと、番組でタレントさんが自宅でのいつもの美容法を聞かれ、私と同じくクリームでふたをしてと答えていたところ、吉木先生にクリームでふたをするってもう10年以上前の古い情報ですよねと言われていたのを聞いて愕然としました。そうなの???

吉木先生曰く、クリームでふたをする必要なあまりなく、美容液のセラミド成分が水分を肌に与えるようです。化粧水で水分も違うようで、以前必死にやっていたコットンパックも肌をふやかすだけで、肌組織に水分を与えるわけではないというのです。

そこで通販コスメを考えるようになったのでした。